600枚の写真で楽しむ沖縄本島の絶景スポットを巡る旅 無料 ガイドブック

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

600枚の写真で楽しむ沖縄本島の絶景スポットを巡る旅 無料 ガイドブック
 

600枚の写真で楽しむ沖縄本島の絶景スポットを巡る旅

 

沖縄本島の絶景スポットはもちろん、本島と橋で繋がっている離島(平安座島、宮城島、伊計島、浜比嘉島、瀬底島、古宇利島)、本島から船で行ことが可能な近距離の離島(伊江島、水納島、津堅島、久高島、コマカ島)の写真を600枚以上集めた「沖縄本島をぐるっと旅行した気分になる写真集」です。

沖縄旅行を計画されている方には、那覇空港に着いてからどこに行くかを決める際に参考にして頂けるかと思います。

紹介している112スポットの場所を記載したGoogleMapを巻末に掲載していますので、マップのページをお気に入りに入れて旅行の際に活用頂くことも可能です。

東京から沖縄・那覇に移住し、沖縄の素晴らしい風景を撮影し続けているフォトグラファーの写真です。ご覧頂いた皆様に沖縄の空気感が少しでも伝わり、沖縄に足を運ぶきっかけの一つになれば幸いです。

※写真はすべて見開きとなっていますので横画面でご覧下さい。

【著者プロフィール】
鈴木 健介(すずき けんすけ)
1976年生まれ。東京都渋谷区出身。
2017年に沖縄移住。フォトグラファー。

20歳の時に慶良間諸島の渡嘉敷島・阿波連ビーチで綺麗な海に魅せられて以来、沖縄の島々を訪ずれ、風景や水中の写真撮影を行っている。特に宮古島と波照間島がお気に入り。

東京では家庭菜園でバナナ苗を栽培し、気温15度以上でしか成長せず、気温0度で枯れてしまうバナナ苗を露地栽培で2年かけて開花・収穫させた。都内でのバナナ栽培は珍しいと近所で話題となる。
40歳で事業譲渡したことをきっかけに「何か新しいことや本当に好きなことをしよう」と家族とバナナ苗とともに沖縄・那覇市に移住。以前より夢だった沖縄各地を回り、写真を撮影する充実した日々を過ごしている。

 

管理人、沖縄行ったことないんですよね。

いい時期に行けばとてもきれいなんだと思います。

なかなか行く機会はないですけど。

この本読んだら行きたくなるかも知れませんね。

アマゾンのkindle版なら無料です。

 

▼▼下のテキストをタップ▼▼

600枚の写真で楽しむ沖縄本島の絶景スポットを巡る旅

上のテキストから無料で読めます!

 

 

kindle読み放題もあります。

Kindle読み放題はこちら⇒

 

タイトルとURLをコピーしました