数学にとって証明とはなにか ピタゴラスの定理からイプシロン・デルタ論法まで

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

数学にとって証明とはなにか ピタゴラスの定理からイプシロン・デルタ論法まで Kindle

 

数学にとって証明とはなにか ピタゴラスの定理からイプシロン・デルタ論法まで (ブルーバックス)

内容紹介

数学はなぜそれを必要とし、生み出したのか。知っているようで知らなかった、奥深き知的営み――「証明」の世界へ飛び込もう!

【おもな内容】
はじめに
第1章 証明とはなんだろうか
第2章 証明のさまざまな技術
第3章 命題と論理記号
第4章 算数の中の証明をもう一度
第5章 証明の花形――初等幾何学の証明
第6章 無限に挑戦する――解析学の証明
第7章 式は語る――代数学の証明
終わりに――数学にとって証明とはなにか

著者について

瀬山 士郎
1946年、群馬県に生まれる。東京教育大学大学院理学研究科修了。2011年、群馬大学教授を退職。現在、一数学愛好家として活動を続けている。専門は位相幾何学(トポロジー)。
『バナッハ‐タルスキの密室』、『トポロジー 柔らかい幾何学』(いずれも日本評論社)、『基礎の数学 線形代数と微積分』(朝倉書店)、『「無限と連続」の数学 微分積分学の基礎理論案内』(東京図書)、『はじめての現代数学』(早川書房)、『なっとくする集合・位相』、『ゼロから学ぶ数学の1,2,3』、『ゼロから学ぶ数学の4,5,6』(いずれも講談社)など、好評著書多数。数学を楽しんでもらうことを執筆のモットーとしている。

管理人の感想

管理人、数学の証明って苦手でしたね~

見たら分かるじゃないか、とか思いますからね。

何度もやっているうちに出来るようにはなりましたけど、今でも分かっていることをやるっていうのは違和感あります。

こういう本を読んで、本当のところが分かるようになりたいものです。

 

※kindleでも読めます。

 

▼▼下のテキストをタップ▼▼

数学にとって証明とはなにか ピタゴラスの定理からイプシロン・デルタ論法まで (ブルーバックス)

上のテキストから無料で読めます!

 

 

kindle読み放題もあります。

Kindle読み放題はこちら⇒

 

タイトルとURLをコピーしました