斜陽 無料 小説

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

斜陽 無料 小説

 

斜陽

 

「無頼派」「新戯作派」の破滅型作家を代表する昭和初期の小説家、太宰治の長編小説。初出は「新潮」[1947(昭和22)年]。母、かず子、直治、上原の四人を中心として、直治の「夕顔日記」、かず子の手紙、直治の遺書が巧みに組み込まれるという構成の作品で、没落していく弱きものの美しさが見事な筆致で描かれている。発表当時から現在に至るまで賛辞の声がやまない、「人間失格」と並ぶ太宰文学の最高峰である。

 

斜陽は太宰治の代表作なんですが、残念ながらまともに読んだことがありません。

一部は読んでいるんはずなんですがさっぱり記憶がない。

この機会に一度読んでみようかな。

アマゾンのkindle版なら無料ですので。

▼▼下のテキストをタップ▼▼

斜陽

上のテキストから無料で読めます!

 

 

kindle読み放題もあります。

Kindle読み放題はこちら⇒

 

 

タイトルとURLをコピーしました