IPA(イソプロパノール)で消毒出来る?使うなら自己責任で!

この記事を読むのに必要な時間は約 8 分です。

IPA 18L 脱脂や洗浄などに

 

今回は、IPA(イソプロパノール)、のご紹介です。

管理人、クルマの洗浄ということでアマゾンを見てたんですが。

なぜかIPAがベストセラーになっている。

最初、意味がわからなかったんですが、どうも新型コロナウイルスの影響で消毒用のエタノールが不足しているので工業用のIPAを水で薄めて使っているらしい。

そうそう、薄め方は体積比率でIPA/水=7/3だそうです。

個人が消毒するだけなら、だいたいこれくらい、と言う感じでいいでしょうけどね。

IPAと水の混合液を霧吹きスプレーなんかに入れて、使うときはワンプッシュして手を洗う感じ。

間違っても液体の中に手を突っ込むとかそういうのはダメですよ。

そんなことしたら手の脂分が落ちてしまう。

そもそもIPAってクルマのコーティングするときに脱脂用として使うものですから、手の脂分も落ちてしまう。

つまりは手荒れがひどくなるってことです。

ただでさえ、水で手を洗いすぎているのに更に手荒れがひどくなりますから、そこはちょっと考えて使ってくださいね~

それにしても。

本来エタノールで消毒すべきところIPA、しかも工業用のものまで使うなんて。

そこまでか!

と思ってしまいました。

ただですね、実は管理人、工業用IPAには馴染みがあります。

昔、実験でよく使ってたんですよね~

化学の実験ではよく使う液体なんで。

溶剤としてもよくつかいますし。

このIPA、実験レベルで使ってどんなものだったのか?

危険性はどうなのかちょっと思うところを。

ということで。

今回は、IPA(イソプロパノール)、を紹介したいと思います。

一刻も早く確認したい方はこちらからどうぞ。

IPA 18L 脱脂や洗浄などに

【あわせて買いたい】

※手をかざせば自動で消毒液を噴射します。

アルコールディスペンサー「テッテ」

 

IPA(イソプロパノール)の詳細情報

 

IPA(イソプロパノール)の詳細情報は以下の通り。

==ここから==

工業用のIPA原液のため、直接皮膚等に触れないようにご使用ください。
脱脂や洗浄などにご使用いただけます。
ドアノブやトイレなどの清掃にはIPA70%:清水30%の割合で希釈してご使用ください。

==ここまで==

 

ということだそうです。

先程、管理人、IPAを化学の実験でよく使っていたとお話しましたが、安全性と言う意味では比較的安全な薬品でしたね。

実験室にある薬品が危険なものが多かったから余計にそう思ったのかも知れませんが。

基本的にこういう化学薬品ですから人体には有害。

飲んだら中毒を起こすかも知れませんね。

さすがに飲む人はいないと思いますけど。

ただ、IPAは揮発性があるので大量に置いてあると蒸気を吸い込む可能性があります。

霧吹きでワンプッシュしたくらいならどうってことないですが、量が増えると危険でしょうね。

管理人が実験していたときは50mlのビーカーに入れて色んな薬品を混ぜたりしてました。

毎日のように実験してましたが、それで手が荒れるとか体調不良になることはなかったですね。

マスクも手袋もゴーグルもしてませんでしたけど。

まあ、正直手洗いの補助で使うレベルで何かが起こるとは思えません。

注意点としては密室では使わないほうがいいことでしょうか。

それから子供が使うときは要注意です。

大人でもアルコールに耐性のない人がいますが、子供はもっと影響を受けやすい。

薬品の危険度は体重と関係ありますからね~

もしかするとアルコールのニオイで気分が悪くなる人がいるかも知れないので、そう言うときには使わないようにすべきでしょう。

IPAでの消毒はあきらめて普通に石鹸で水洗いしたほうがいいと思います。

それからもう一つう重要なこと。

IPA単独の場合、燃えます。

いわゆる可燃性液体なんですよね。

IPAは実はスプレーなんかに使われることもありますがこれって火気厳禁なんです。

燃えるのは蒸気なので暖かくなって来たところでIPAを使うときは要注意。

ライターの火はもちろんですが、電気の火花なんかもちょっと怖いです。

これも保管しているときの数量が問題で少量だと大したことは起こりませんが、18L缶が全開とかそう言う状況で部屋に蒸気が充満していたとか、そう言う場合は危険です。

IPAは揮発性ですからできるだけ涼しいところで保管すべきでしょうね。

とはいえ、薬品としての危険度は低いほうですし、使用量も少ないでしょうからそれなりに注意して使えば大丈夫です。

いずれにしても消毒に使うのであれば自己責任で。

少しでも異常を感じたら使用を中止する。

そして火災を起こすと最悪なので換気に気をつけて火気厳禁、と言う感じですね。

 

もっと詳細を確認するならこちらからどうぞ。

IPA 18L 脱脂や洗浄などに

 

【あわせて買いたい】

※手をかざせば自動で消毒液を噴射します。

アルコールディスペンサー「テッテ」

 


スポンサーリンク

【ギガクリスタル(MK-10H)】

管理人のまとめ

今回は、IPA(イソプロパノール)、の紹介でした。

管理人はこの薬品、化学の実験でよく使ってました。

本音を言うと、実験で使うレベルなら取り扱いやすい安全な薬品です。

少々手についてもすぐに蒸発して乾いてしまうし。

ただ、なれていない人にはニオイもあるし、お酒に弱い人は気分が悪くなるかも知れません。

そのあたりは十分注意して使ってほしいですね。

それと火気厳禁は絶対です。

火災は洒落になりませんので。

あと、消毒用エタノールの代わりにIPA/水=7/3で薄めて使うのは自己責任で。

家庭で使うなら18Lはいくらなんでも多すぎるので、せいぜい500mLくらいのほうがいいかも知れませんね。

こういうやつもありますので。

 

ガレージ・ゼロ IPA 純度99.9%以上 480ml イソプロピルアルコール 2-プロパノール イソプロパノール GZ900

 

いずれにしても。

IPA(イソプロパノール)は比較的安全な薬品だと言っても、ニオイはあるし引火性もあります。

使うときは十分に注意してほしいと思います。

IPA(イソプロパノール)、上手く使ってくださいね!

 

●興味がある方はこちらのページから内容を確認して下さい。

公式ページはこちら

>>IPA 18L 脱脂や洗浄などに

【あわせて買いたい】

※手をかざせば自動で消毒液を噴射します。

アルコールディスペンサー「テッテ」

タイトルとURLをコピーしました