Kindle Paperwhite キンドル 防水機能

この記事を読むのに必要な時間は約 8 分です。

 

Kindle Paperwhite、電子書籍リーダー、防水機能搭載、Wi-Fi 、8GB、広告つき(Newモデル)
管理人のべぎらまです。

今回は、Kindle Paperwhite、電子書籍リーダー、防水機能搭載、Wi-Fi 、8GB、広告つき(Newモデル)、のご紹介です。

管理人はあまり本を読まないんですが。

昔はそこそこ買ってましたけど、本は買うとかさばるので今は買わないですね。

だいたい読む暇もあまりないし、というかどうしても読みたいという気にならないんですよね~

本屋に行くと、どうでもいい本を買ってしまうのでなるべくいかないようにしてますね。

もう、家の中はどうでもいい本ばっかりだし。

それで考えるわけですよね、電子書籍。

ただこれも気軽に読めるし変えるというのが大問題。

お金がいくらあっても足りない、なんてことになります。

そんなの大した金額じゃないじゃないかと思うんですが、積み重なると偉いことになるんですよね~

気を抜くとスグに今の自分には厳しい金額になる。

危険、です。

まあ、そういうわけで管理人は電子書籍も遠ざけているんですが、キンドルが魅力的なのは間違いありません。

アマゾンで販売されている本、相当読めますからね。

まあ、電子書籍は紙の本と違って電源がないと読めないし、クラウドに保管されているのでアカウントが消失すると内容も消えてしまいますが、それでも便利さという点では圧倒的に便利。

何よりも電子書籍1つあればいくらでも本が読めるのがいいですよね。

しかも今回の機種は防水なので、風呂場でも読める。

これはますます危険です~

ということで、

この記事では、Kindle Paperwhite、電子書籍リーダー、防水機能搭載、Wi-Fi 、8GB、広告つき(Newモデル)、を紹介したいと思います。

 

一刻も早く確認したい方はこちらからどうぞ。

Kindle Paperwhite、電子書籍リーダー、防水機能搭載、Wi-Fi 、8GB、広告つき(Newモデル)

Kindle Paperwhite、電子書籍リーダー、防水機能搭載、Wi-Fi 、8GB、広告つき(Newモデル)の詳細情報

Kindle Paperwhite、電子書籍リーダー、防水機能搭載、Wi-Fi 、8GB、広告つき(Newモデル)の詳細情報は以下の通り。

 

==ここから==

  • 読書のための専用端末 – E Ink(イーインク)ディスプレイで、紙のように読みやすい。直接目を照らさないフロントライト方式だから、目に優しく、長時間の読書でも疲れにくい。本数千冊がこの一台に
  • これまでのKindle Paperwhiteの中で最も薄く、最も軽い。ベゼルがフラットになったモダンなデザイン。300ppiの高解像度で、小さな文字もくっきりキレイ。反射しないディスプレイだから、明るい陽射しの下でもまぶしくない
  • 防水機能搭載(IPX8等級)。ビーチでも、プールでも、お風呂でも快適に読める
  • 長時間バッテリー。一度の充電で数週間利用可能
  • 明るさ調節により、屋外でも室内でも、昼も夜も、快適に読書
  • 700万冊以上の本、マンガ、雑誌、洋書を低価格で。日替わりセールほかお得なタイトルも
  • プライム会員なら、追加料金なしで対象のタイトルが好きなだけ読み放題(Prime Reading)

 

==ここまで==

 

ということだそうです。

技術的なところで言うと、これは液晶ディスプレイではなくて、E-Inkディスプレイなんだそうです。

昔から、電子ペーパーって言われてるやつですね。

使う側からすると同じようなものですが、原理は全く違います。

E-Inkの場合は電気泳動式のモノクロ表示なんだそうです。

液晶の場合はバックライトで明るく照らすので目が疲れやすいんですが、電子ペーパーの場合は前面から反射させているので目に優しいんだそうです。

まあ、紙を見るのと同じ感じですね。

ただ、防水機能が付いているのがいい、と思ったんですが水中で使えるわけではありません。

水に濡れても乾かせば壊れずに済むというだけですから、やっぱり水には濡らさないほうが良いです。

特に濡れたまま充電したら壊れますから要注意。

やっぱり電子機器ですからね~

 

もっと詳細を確認するならこちらからどうぞ。

Kindle Paperwhite、電子書籍リーダー、防水機能搭載、Wi-Fi 、8GB、広告つき(Newモデル)

Kindle Paperwhite、電子書籍リーダー、防水機能搭載、Wi-Fi 、8GB、広告つき(Newモデル) 口コミ

この商品、現時点で口コミは99件、☆3.9でした。

ちょっと期待が大きすぎるのかも知れませんね。

機能としてはまだまだ改善の余地ありと感じている人が多いようです。

電子書籍として使えるかどうかという点では当然使えるんですが、もうちょっとユーザーフレンドリーになってほしい、ということなんでしょう。

なんだか欲張りなレビューが多い気がしますね。

悪評の方は、充電ケーブルが使えないとか、Wi-Fiがつながらないとかそういうのが目立ちました。

本として読めるかという以前の問題が多そうです。

OA端末が苦手、と思う人は買わないほうが良いと思いますね~

管理人もその一人ですが。

 

レビューの詳細を確認するならこちらをどうぞ。

Kindle Paperwhite、電子書籍リーダー、防水機能搭載、Wi-Fi 、8GB、広告つき(Newモデル)

Kindle Paperwhite、電子書籍リーダー、防水機能搭載、Wi-Fi 、8GB、広告つき(Newモデル) 楽天

ここまでは、アマゾンでのKindle Paperwhite、電子書籍リーダー、防水機能搭載、Wi-Fi 、8GB、広告つき(Newモデル)、を紹介してきました。

楽天は、楽天KOBOだったと思いますが。

管理人の認識はどちらも似たようなものじゃないかということなんですが、どうなんでしょうかね?

とりあえず、楽天の電子書籍リーダーということでリストページのリンクを貼っておきます。

楽天リストページ

電子書籍リーダー

管理人のまとめ

今回は、Kindle Paperwhite、電子書籍リーダー、防水機能搭載、Wi-Fi 、8GB、広告つき(Newモデル)、の紹介でした。

管理人は紙の本が好きなので電子書籍リーダーは持っていませんが、そのうち買うようになるんでしょう。

スマホなどの液晶よりも目に優しいのも良いんでしょうね。

どんどん使いやすくなっているのは間違いないのですが、スマホに勝てるのか、というのは気になります。

メールとかが入らないから気が散らなくていいというのはありますが、どんなものなんでしょうね。

気になる人は、Kindle Paperwhite、電子書籍リーダー、防水機能搭載、Wi-Fi 、8GB、広告つき(Newモデル)、検討してみて下さい。

 

●興味がある方はこちらのページから内容を確認して下さい。

アマゾンはこちら

>>Kindle Paperwhite、電子書籍リーダー、防水機能搭載、Wi-Fi 、8GB、広告つき(Newモデル)

楽天のリストページはこちら

電子書籍リーダー

タイトルとURLをコピーしました