AVANTEK 防音イヤーマフ 遮音値34dB!おすすめ

この記事を読むのに必要な時間は約 10 分です。

 

AVANTEK 防音イヤーマフ 遮音値34dB 金属なし 耐摩素材 超弾力性ヘッドバンド ANSI S3.19&CE EN352-1認証済み 聴覚保護 (ブルー)

 

管理人のべぎらまです。

今回は、AVANTEK 防音イヤーマフ 遮音値34dB 金属なし 耐摩素材 超弾力性ヘッドバンド ANSI S3.19&CE EN352-1認証済み 聴覚保護 (ブルー)、のご紹介です。

管理人はイヤーマフ持ってないんですが。

冬の寒い日にあれをつけていると耳が暖かくて助かるだろうなと思ったことは何度もあります。

最近は引きこもってますから、そういうのはあまりないんですが、昔会社に通勤していたときには相当思いましたね~

それと、電車に乗るとうるさいときもあるので、イヤーマフつけてたらだいぶ助かるだろうな、というのもありました。

そんなイヤーマフで人気の商品がこれ。

ということで。

この記事では、AVANTEK 防音イヤーマフ 遮音値34dB 金属なし 耐摩素材 超弾力性ヘッドバンド ANSI S3.19&CE EN352-1認証済み 聴覚保護 (ブルー)、を紹介したいと思います。

 

一刻も早く確認したい方はこちらからどうぞ。

AVANTEK 防音イヤーマフ 遮音値34dB 金属なし 耐摩素材 超弾力性ヘッドバンド ANSI S3.19&CE EN352-1認証済み 聴覚保護 (ブルー)

AVANTEK 防音イヤーマフ 遮音値34dB 金属なし 耐摩素材 超弾力性ヘッドバンド ANSI S3.19&CE EN352-1認証済み 聴覚保護 (ブルー)の詳細情報

AVANTEK 防音イヤーマフ 遮音値34dB 金属なし 耐摩素材 超弾力性ヘッドバンド ANSI S3.19&CE EN352-1認証済み 聴覚保護 (ブルー)の詳細情報は以下の通り。

 

==ここから==

 

  • 🎄プロフェッショナルな防音性能🎄: 最新の二層カップシーリング技術と8層の厚手の素材で、NNR(ノイズ減少率)28 dB / SNR(SN比)34 dBという素晴らしいノイズ除去が実現しました。米国規格協会(ANSI)S3.19および欧州評議会EN 352-1 認定適合のための検査も実施済み。
  • 🎄ユニーク素材🎄: 特別に合成された、鉄線など感電の恐れのある金属が含まれていない素材を使用しています。軽量ですので射撃や狩猟、レース、読書、コンサート、機械の作業時には最高のパートナーとなります。
  • 🎄快適なフィット感🎄: やわらかく気持ちのいいイミテーションレザーのイヤークッションとアコースティックフォームにより、装着感が快適です。人間工学に基づく設計されたダブルデック・ヘッドバンドは頭に圧力をかけることなく所定の位置にとどまります。
  • 🎄超弾力性ヘッドバンド🎄: フレキシブルにねじってもダメージはありません。拡張可能、調整可能ですので子供から大人までさまざまな大きさの頭にフィットします。
  • 🎄耐久性の高い構造🎄: 頑丈な産業グレードの強力素材を用いて作られました。本製品は、出先に持って行っても簡単には壊れません。※ご注文日より30日以内無料交換保証&18ヶ月間の安心保証付き※

 

==ここまで==

 

ということだそうです。

イヤーマフは耳に装着するものですから、そのフィット感が何よりも重要だと思います。

それが軽くて快適なら言うことないんじゃないでしょうか。

管理人としては、防寒になるなら、防音、遮音性能はそこそこでもいいと思うんですが、この感覚はちょっとずれているかも知れませんね~
もっと詳細を確認するならこちらからどうぞ。

AVANTEK 防音イヤーマフ 遮音値34dB 金属なし 耐摩素材 超弾力性ヘッドバンド ANSI S3.19&CE EN352-1認証済み 聴覚保護 (ブルー)

AVANTEK 防音イヤーマフ 遮音値34dB 金属なし 耐摩素材 超弾力性ヘッドバンド ANSI S3.19&CE EN352-1認証済み 聴覚保護 (ブルー) 口コミ

この商品、現時点で口コミは272件、☆3.9でした。

件数が多い中でのこの数値ですから、まあまあという感じですかね。

遮音に関しては完全にというわけにはいかないようです。

高音はシャットアウトできるが低音は難しいということですね。

それでもつけていないよりはだいぶ軽減されるという意見が多かったです。

それから、結構丈夫というのもありましたね。

悪評の方は、ザワザワしたノイズは消せるが会話は消せないとか、サイズが合わない、重い、というのがありました。

会話が消せないのは用途にもよるわけで、話しかけられて聞こえないと困る人向けになっているんでしょう。

人間の話し声を防音するならそれはまた違うものが必要な気がしますね。

それから、大きな音は結局消えないということも書かれてましたが、大きな音はどうやっても聞こえるので、ちょっと主旨が違う気がします。

結局このイヤーマフは、ザワザワしたノイズを消すものと思ったほうがいいようです。

それと、耳のサイズに合うかどうかとか、重さを感じるかどうかは個人差が大きいので、通販で買う前に店頭で試着してから購入を考えたほうがいいのかも知れませんね。

 

レビューの詳細を確認するならこちらをどうぞ。

AVANTEK 防音イヤーマフ 遮音値34dB 金属なし 耐摩素材 超弾力性ヘッドバンド ANSI S3.19&CE EN352-1認証済み 聴覚保護 (ブルー)

AVANTEK 防音イヤーマフ 遮音値34dB 金属なし 耐摩素材 超弾力性ヘッドバンド ANSI S3.19&CE EN352-1認証済み 聴覚保護 (ブルー) 楽天

ここまでは、アマゾンでのAVANTEK 防音イヤーマフ 遮音値34dB 金属なし 耐摩素材 超弾力性ヘッドバンド ANSI S3.19&CE EN352-1認証済み 聴覚保護 (ブルー)、を紹介してきましたが、楽天ではどうなってるでしょうか。

やっぱり楽天でポイントがあったらそれを使いたいと言うのもありますからね。

ということで確認したところありました。

 

 

 

 

価格はアマゾンのほうが安いですね。

とりあえず、楽天のイヤーマフということでリストページのリンクを貼っておきます。

楽天リストページ

イヤーマフ

管理人のまとめ

今回は、AVANTEK 防音イヤーマフ 遮音値34dB 金属なし 耐摩素材 超弾力性ヘッドバンド ANSI S3.19&CE EN352-1認証済み 聴覚保護 (ブルー)、の紹介でした。

管理人は最近は一人のことが多いので、防音とかあまり考えないんですが、以前会社にいたとき、会話自体がうるさい人がいましたから、防音しないと耳が持たないと思うことがありましたね~

環境によってはそれが必要な人も多いんだろうと思います。

完全に音を消すのであれば、BOSEのイヤホンとかを使うほうがいいと思いますが、そこそこの値段である程度静かになればいいと言うのならこれはオススメだと思いますね。

ちなみに、BOSEのイヤホンはこれです。

 

 

Bose QuietControl 30 wireless headphones ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン

 

 

性能は抜群ですが、値段も高いです。

戦車に乗るときとかに開発されたらしいですね。

家のそばで工事してるとか、そういう人なら必要でしょうが、そうでなければAVANTEK 防音イヤーマフ 遮音値34dB 金属なし 耐摩素材 超弾力性ヘッドバンド ANSI S3.19&CE EN352-1認証済み 聴覚保護 (ブルー)でもいいと思います。

AVANTEK 防音イヤーマフ 遮音値34dB 金属なし 耐摩素材 超弾力性ヘッドバンド ANSI S3.19&CE EN352-1認証済み 聴覚保護 (ブルー)、検討してみて下さい。

 

●興味がある方はこちらのページから内容を確認して下さい。

アマゾンはこちら

>>AVANTEK 防音イヤーマフ 遮音値34dB 金属なし 耐摩素材 超弾力性ヘッドバンド ANSI S3.19&CE EN352-1認証済み 聴覚保護 (ブルー)

 

 

楽天のリストページはこちら

イヤーマフ

タイトルとURLをコピーしました