老子 (岩波文庫) Kindle

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

老子 (岩波文庫) Kindle

老子 (岩波文庫)

内容紹介

熾烈な戦国時代を生き抜く処世の知恵であり一種の統治理論であるが、同時に、世の中と人間についての深い洞察力によって、人生の教科書ともいうべき普遍性を持っている。ここで説かれる平和的で、自足、素朴なあり方は、時代を超えて人々の心に訴えかける。

管理人の感想

管理人、何となく老子好きなんですよね~

無為自然、って何だか格好いいな、って思ってます。

自分ができるのかと言われたら無理ですけどね。

古代の中国人が何を理想としていたかが分かる気がします。

しかし、考え方を間違えると何もしない怠け者みたいなことになるので、それはよくないんですけど。

まあ、そんな浅い話じゃないですけどね。

年をとったおっさんだからこそ、もう一回読むべき本なのかも知れません。

 

※kindleでも読めます。

 

▼▼下のテキストをタップ▼▼

老子 (岩波文庫)

上のテキストから無料で読めます!

 

 

kindle読み放題もあります。

Kindle読み放題はこちら⇒

 

タイトルとURLをコピーしました